申請代行件数1500件以上のプロがサポート! 障害年金受給支援サイト

HOME > 困難症成功事例 > 困難事例12:うつ病の初診日

困難症成功事例

< 困難事例12 >

うつ病の初診日

精神科の初診日に関して、カルテが残っておらず、初診日の証明ができなかった。

問題点

精神科の初診の病院において、カルテが残っておらず、初診日を証明するものが何もなかった。

解決方法

精神科に通いだすきっかけは、事故によるPTSDであった。その事故で整形外科に入院しているとの事。
入院カルテは5年以上残っている事が多いので、入院カルテを確認すると、「事故のショックで眠れないため睡眠薬を処方した」と記載されていた。
そこで、事故によりPTSDになり、さらにうつ病を併発したと主張し、整形外科に入院して睡眠薬を処方された日が初診日であると主張し、すんなり認められた。