申請代行件数1500件以上のプロがサポート! 障害年金受給支援サイト

HOME > 困難症成功事例 > 困難事例15:脳梗塞の後遺症による認知症の診断書が作成できない

困難症成功事例

< 困難事例15 >

脳梗塞の後遺症による認知症の診断書が作成できない

脳梗塞の後遺症による認知症の診断書が作成できない。

問題点

脳梗塞になられ、高次脳機能障害によりピック病のような症状がみられるようになっていた。在宅での介護が困難な程精神症状が進み、介護保険で老人保健施設に入所しておられた。施設の先生は精神指定保険医ではなく、月に1回受診に連れて行ってくれる系列の病院には精神科がなかった。脳外の先生に診断書をお願いしたが、精神症状が強いので、精神の医師でないと正確に診断できないと拒否され、施設の先生も同様の意見で、診断書が作成できなかった。

解決方法

認知症のアドバイスをするために施設に来られている精神科の先生がいたので、その先生に協力を仰いだが、診察をしているという訳ではないので、診断書は作成できないとの事であった。そのため、施設入所前に精神障害者保健福祉手帳を申請していたので、その申請に際して提出した診断書のコピーを役所から入手し、それを添付した。その上でやむを得ない事情を説明する申立書を作成し、そのコピーで審査してもらうように依頼した。
肢体不自由の分の診断書も提出していたが、その分だけでは2級が精一杯の内容だったが、無事精神の分も反映されえて1級となった。