申請代行件数1500件以上のプロがサポート! 障害年金受給支援サイト

HOME > 困難症成功事例 > 困難事例4:10年以上前の自損事故による障害

困難症成功事例

< 困難事例4 >

10年以上前の自損事故による障害

10年前に自損事故を起こされ、足に障害を負われた。その時は障害等級に該当する程度でなかったが、神経に傷がついていた事もあり、年齢を重ねるうちに筋力低下と可動域制限が重症化していった。

問題点

10年前の事故であり、リハビリを終了して以降受診もなく、5年以上無治療の期間が続いていた。そのため、当時のカルテが廃棄されており、初診の証明がとれなかった。
また自損事故であったため、自動車保険を使用していないので、その記録もなかったし、警察への事故届もされていなかった。

解決方法

救急搬送されたと伺ったので、当時の事故をした場所の最寄りの消防署を調べた。そこに、救急搬送記録が残っていないかを確認したところ、「何年何月何日の何時何分に○○病院に搬送。入院となった。」との救急搬送記録が残っていた。
それを証拠に申請し、すんなり認められた。

ポイント

救急搬送記録を取っている事は、病院関係者か消防署関係者しか知らない。いつも朝に「昨日搬送した○○さんは、その後どうなりましたか?」との確認の電話が病院にある事を医事課の人からきいており、「入院したとか、処置をして帰ったといった事を救急隊は記録しているよ。」と教えてもらっていた事もあり、また、後輩が救急隊員にいたため、そのような事情を知っていた。
たまたま、5年を超えて記録が残っていたのは運が良かった。