申請代行件数1500件以上のプロがサポート! 障害年金受給支援サイト

HOME > 困難症成功事例 > 困難事例14:社会的治癒

困難症成功事例

< 困難事例14 >

社会的治癒

10年前に一度治療を受けており、一度治癒の診断を受けていた。その後10年間受診はなく、10年後に再発した。窓口で相談したところ、初診日は10年前になると言われ、当時の記録が残っていないと認定される事は難しいと言われた。
困難事例13とは反対のケース

問題点

初診日はいつになるのか?10年前のカルテが残っておらず、初診日が確認できないという理由で不支給になる可能性が高かった。

解決方法

社会的治癒とされるのは5年以上であるも、年金の場合はもう少し期間が空いていないと社会的治癒とはみなされないケースが多い。しかし、10年近く治療を受けていないとの事で、それを証明できれば窓口の担当者が言った事を否定できると考え、健康保険組合から保険給付の証明を取り寄せた。
7年以上保険給付の記録がなかった事より、少なくとも7年間は全く受診の必要がなかった事を証明した。その結果、初診日は当方の主張通り認められた。

※窓口の人がいろいろ説明をして下さいますが、その方々が認定されるわけではありません。窓口の人が説明される事を鵜呑みにする必要はありません。